BLOG

冬のヘアケアについて

湘南台のカラー専門店.nico(ドットニコ)の笠井です。

今年も残りが少なくなり、どんどん寒くなりますが、イベントなどが多くなる季節になりました!
この時期に皆様が多く悩む髪の乾燥について書いていきます☆

乾燥してしまう原因が
紫外線が当たると、髪内部の水分が失われてパサパサに。また、肌が日焼けしたら乾燥するように、頭皮も乾いて健康な髪が作られにくくなります。

寒い場所では空気が乾燥しているため、頭皮や毛根の水分が奪われやすくなるという問題があります。乾燥による髪トラブルが起こりやすく、体の冷えからくる血行不良も頭皮への栄養不足を加速させてしまうため、抜け毛が起こりやすくなります。髪や頭皮の保湿ケアをおすすめします!

肌同様、髪もダメージにつながる大敵が「乾燥」。毎日のホームケア、特に髪を乾かしすぎないヘアドライを心掛けることでダメージの蓄積を回避。ドライヤーは高すぎない温度にし、乾いた部分に何度も温風を当てないことが大切です。

またこんな人は要注意です⚠︎

・高温のシャワーが好き

・朝と夜、2回シャンプーする

・フケが出る

・ドライヤーはもう10年選手(長らく買い換えていない)

・揚げ物やスナック菓子が好き

・ヘアオイルを塗っても効かない

・屋外にいる時間が長い

☆こんな方に改善、対策として

・トリートメント・オイルでデイリーケア
使っているアイテムの商品名の下に、“ヘアトリートメント”や“洗い流さないヘアトリートメント”、“アウトバストリートメント”など、“トリートメント”と書いてありますか? それとも、“ヘアオイル”と書いてあるでしょうか?“トリートメント”と書いてある商品は、髪を修復する効果のあるもので、“ヘアオイル”はスタイリング機能の高いものなので、ダメージケアをしたい場合は、“トリートメント”と書いてあるものを選びましょう。

・ヘアマッサージ
ヘアオイル、オイル配合スクラブで10本指の腹で頭皮を掴むように揉んでいく、凝りやすい頭の付け根をプッシュする頭皮マッサージ

・ラップパック+蒸しタオルで集中ケア

トリートメントをしたら、ラップ→蒸しタオルの順に重ねて、開いたキューティクルに成分を効果的に浸透させます

・【アウトバスケア】効果的なオイルのつけ方

濡らした髪にヘアオイルをつけてからコームでといてください
「毛先が絡まる原因は、乾燥、熱、摩擦などのダメージよるもの。

髪が絡まっている毛先部分を水で濡らす→毛束を手でプレスしてヘアオイルをなじませる→毛先から目の粗いコームで髪を解く→仕上げに髪をドライヤーで乾かす

ぜひ出来そうなものから習慣ずけてやれると綺麗な髪に近づいていきますので参考にしてみてください☆

私も意識して綺麗な身なりで今年を終えられるように努力したいと思います!
またカラー専門店.nicoで皆様を綺麗にするお手伝いをしていきますのでぜひお待ちしております!

アクセス
ACCESS